赤ら顔のお悩み体験談

 

20代女性の体験談「大好きな人の前でお酒を飲むことに…」

赤ら顔で一番つらかったこと

大好きな人の前でお酒を飲むことになりました。その日私はとても気合いが入っていたので、メイクもばっちりでした。なので、お酒を飲んでもきっと、化粧は崩れないだろうと思っていたのですが、酒の席でトイレにたち、鏡で自分の顔を見たところ、顔が真っ赤っかでした。目まで充血しているような感じで、とても可愛くなく、とてもショックで急いで化粧をし直しました。その後、「お酒弱いの?顔が真っ赤っかだね」と、意中の男性に言われてしまいました。

赤ら顔の対策

赤ら顔を抑えるために、ファンケルのメイク下地で青いものを使用しています。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

好きな人の前で楽しくお酒を飲みたいです。いつもヒヤヒヤしながら飲み会をしているので。

 

30代女性の体験談「学校に行くのも辛かった」

赤ら顔で一番つらかったこと

子供の頃から赤ら顔に悩んでいました。思春期頃になると、ニキビが顔中に出るようになり、更に自分の顔が嫌になり、学校に行くのも辛かったです。鏡を見るのも辛く、いろいろな化粧品を試しては悪化したり、良くなったかと思ってもすぐに元の状態に戻ったりと、気持ちが沈む一方でした。さらに輪をかけて、クラスでは顔のことで虐められたり、嫌がらせを受けたりと、私の心はボロボロになってしまい、学校へ行けなくなってしまいました。友達と遊んだり、勉強や部活で悔しがったり、汗を流して頑張ったりというような、経験したかったことが赤ら顔が原因でできなかったことが、私にとっては本当に辛いことでした。

赤ら顔の対策

病院へ行き、処方していただいた軟膏を塗ったりしていましたが、あまり良くならず・・・そしてまた病院へ赤ら顔を診察してもらうのにも勇気が出ず、今は何もしていません。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

お化粧を思いっきり楽しみたいです。可愛らしいチークをぬってお出かけしたいです。

 

30代女性の体験談「酔ってもないのによっぱらい扱い」

赤ら顔で一番つらかったこと

やはり、飲みの席で必ず赤くなるので、上司の接待や、得意先の接待の時は一番恥ずかしいです。女性なのに、すぐに赤面してしまうので、どうしたの?と書かれることが恥ずかしか思います。また、好きな人との飲みの席もすぐに赤くなるので、指摘されるとやはり、辛いです。毎回説明しなきゃいけないし、そこまで酔ってもないのによっぱらい扱いされているような気になって、とても不快に思います。男性ならともかく、私は女性なので、顔に関してはとても気を遣います。

赤ら顔の対策

特に何もしておりません。何をしてもダメなので。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

思いっきり楽しんで飲みたいデス!!!本数も時間も気にせず飲んでみたいです!

 

30代女性の体験談「お化粧が濃すぎるとバカにされました」

赤ら顔で一番つらかったこと

私は赤ら顔なのでお化粧を取ると特にお肌が汚く見えます。
田舎者というかチークを塗った日にはお化粧が濃すぎるとバカにされました。
それがコンプレックでチークはなるべくつけないようにしてあたます。
可愛らしいメイクがしたいのに赤ら顔のせいでメイクもあまりする気が起きません。
ファンデーションの厚塗りのし過ぎで顔がどうしても浮いてしまうのです。
ファンデーションの厚塗りはお肌にも負担を掛けているので赤ら顔を少しでもマシにしたいです。

赤ら顔の対策

特にしていません。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

石原さとみさんのような可愛らしいメイクをしてみたいです。

 

40代男性の体験談「ビール1杯で…」

赤ら顔で一番つらかったこと

新卒で就活の時の事。興味のない企業の説明会に同じクラスの子が「一人で行くのは嫌付いてきて」と縋りつくのでやむなく行くことになり行くと説明会が住んで、茶話会と聞いた席へ移動して座ると、その同じクラスの子が今日はありがとうとコップ一杯のお茶(と見えました)を持ってきてくれて、こちらも喉が渇いていたので一気に飲み干すと「強いなぁ」と言いだし舌の感触からビールであると再認識したらそのまま顔は赤くなり同じクラスの子が青ざめるくらいにこちらの顔が赤くなりその横のソファにへたり込み茶話会は騒然とさせてしまいました。

赤ら顔の対策

物理的には対策しておりません。ただその後もアルコールに弱いなら不利益を被る事が多いので、アルコールの入る席では努めて、ハンドルキーパーや飲む量を控え量を控え自発的には飲まなくなりました。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

もし、体質的にアルコールを受け付けれるならもっと飲んでみたいです。

 

40代女性の体験談「合コンでの嫌な思い」

赤ら顔で一番つらかったこと

20代から30代前半の頃には、結婚前で積極的に合コンなどにも参加して相手探しをしていました。
その時に、お酒で顔が赤くなっているわけではないのに、初対面の男性から、酔ってるね!とか、飲み過ぎたんじゃないか?などとからかわれるような言い方をされることが多々あり、嫌な思いをしました。
それに、照れて恥ずかしがってると思われることもしょっちゅうで、初対面の男性と話すのが苦手で奥手な女性と勘違いされてしまうことも嫌でした。

赤ら顔の対策

ファンデーションを濃いめに塗っています。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

ノーメイクで過ごしたいです。

 

30代女性の体験談「ニホンザルのような顔色に」

赤ら顔で一番つらかったこと

冬場に暖房の効いた部屋に入ると、顔が真っ赤になってゆでだこと言いますか、はたまたニホンザルのような顔色になるので、そのような顔を人に見られるのは、とても恥ずかしいです。コントロールカラーなどで隠そうと思っても隠しきれるものではありません。もういっその事諦めて開き直っているしか他なりません。逆に、夏場は夏場で死ぬほど暑くても、こういう時には顔は赤くなりません。人が見ると、顔が赤くないものだから、涼しい顔してるねとか言われたりするので、なんだかなぁって思ったりしています。

赤ら顔の対策

もう諦めの境地に入っているので、何もしておりません。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

普通に、顔にチークをつけてみたいです。今の状態で塗れば大変な事になるでしょう。

 

20代女性の体験談「顔が赤すぎてタコみたいと言われ…」

赤ら顔で一番つらかったこと

もともと赤ら顔でしたが、中学生のころ、それに加え思春期の肌荒れにも悩まされていました。そのため私の肌は、常に敏感な赤い状態。そんな時クラスの席替えで石油ストーブの目の前の席になってしまい、授業中などに顔がほてり、常に顔が真っ赤な状態でした。全部真っ赤ならまだ良かったものの、目の周りだけはなぜか白くなるんです。それを見た友達から、顔が赤すぎてタコみたいと言われ、本当に傷つきました。それ以来、思春期の頃に友達とも好きな人とも自信を持って話せず、つらい時期を過ごしたのを覚えています。

赤ら顔の対策

赤ら顔が治まるような化粧品をいろいろ試していますが、完全に改善する化粧品には出逢えないままです。メイクの時は、下地にコントロールカラーが入っているものなどを利用し赤ら顔にならないよう工夫しています。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

普段のベースメイクをもっと薄くしたいです。下地+パウダーのみとかでベースメイクを完成してみたい。
近所であれば、すっぴん出掛けたいです。

 

20代女性の体験談「真夏でもマスク」

赤ら顔で一番つらかったこと

私は中学生の時に赤ら顔を発症しました。もう15年程の付き合いになります。学校の校則があるのでお化粧で隠すこともできず、思春期に真っ赤な顔で登校するのはものすごく辛かったです。赤ら顔が恥ずかしくて人の目を見て話せなかったり、誰かとすれ違うのも嫌でした。大学に入ってからお化粧をするようになりましたが、ファンデーションは厚塗りだったので不自然だったと思います。お化粧に依存し始めて、家から近くのコンビニに出かける時ですらしっかり化粧するようになりました。
現在、結婚して子供ができてお化粧に時間をかけることができなくなり、外に出る時はマスクが欠かせません。真夏でもマスク。暑いです。保育園送迎時にスッピンでも綺麗なママさんを見ると本当に羨ましいです。

赤ら顔の対策

3人子供がいますが、出産前後は赤ら顔が酷くなります。ホルモンの影響だと思います。今産後3ヶ月目で、1ヶ月くらい前に病院に行き酒さと診断され、ヒルドイドクリームを処方してもらいました。飲み薬がよく効くらしいのですが授乳中のため処方して頂けませんでした。
普段の化粧水はハトムギ化粧水で、ファンデーションはミネラルタイプの低刺激のものを使用しています。
最近ネットで購入したAIDソープという洗顔石鹸が私の中で大ヒットでした!ニキビダニ用の石鹸です。一回の使用でもニキビが減り、肌が少し白くなった気がしました。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

スッピンでおでかけしたいです。あと、赤ら顔を隠さなくても良い、綺麗で自然なお化粧がしたいです。

 

30代女性の体験談「チークを塗ると…」

赤ら顔で一番つらかったこと

ピンク色のチークが流行ったときに、私は元々赤ら顔のため塗ったら「熱あるの?」や「顔赤いよ、大丈夫?」などと声をかけられました。チークをして少しでもかわいらしく見せたかったのに、体調を心配されるようになりました。
そのため実際の生活では、チークを塗ることはありません。それでも赤いため、「チーク付けてるの?」などと聞かれることがあります。本当に顔が火照っているときと比べると赤い範囲が違うのですが、それを分かってもらえません。

赤ら顔の対策

チークはつけません。化粧直し(特にファンデーション)を小まめにしています。

赤ら顔が治ったらしてみたいこと

化粧でチークを付けてみたいです。